ブログ

五大明王の中心に鎮座している、不動明王。

顔はやや右を向き、両目を見開き、牙で

下くちびるを噛み、深い煩悩をもった人を

救済する。光背は細かな火焔に苦労しました。

今年は東寺の展示会もあり、空海による立体曼荼羅の一部として

五大明王を作成しました。まずはじめに軍茶利(ぐんだり)明王を

作成。一つの顔に三つの目、八本の手、手には蛇がからみ

武器と法具を持ち、四分の大きさで作成しました。

高さ210mm 幅100mm 木曾檜

たまには、変わったものを作成してみたくなり

ガンダムを作成してみました。

首、腕、手首、足、足首、等を可動可能にしました。

足首は自由自在に可動にしました。

高さ300mm 幅150mm 木曾檜で作成

高さ245mm 幅150mm 仏像本体5分 木曾檜

龍と菩薩を作成しました。龍が菩薩に絡み合う構図にしました。


ブログが今年はじめてになりました。

今回は高野山の弘法大師・空海が唐より請来

したと伝わる、諸尊仏贋龕(しょそんぶつがん)

を原寸大で作成しました。実物は筒形で開くと

25体の諸尊が浮き彫りされていますが、

今回はそれぞれの仏像を作成しはめ込みました

かなり細かく苦労しました。

興福寺の四天王が完成しました。四分仏像の為

本体は、たばこロングサイズの大きさぐらい

光背がなく、台座には邪鬼もいないため

簡素な感じの四天王です。